こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は
8日、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」の
新型機2種類(ProとSlim)を発売することを明らかにしました。


現行のPS4と合わせて3つのPS4が存在することになりますね。


さらに話題のVRまでソニーは開発しています。


もう家庭用ゲーム機器市場に関して、
ソニーの右に出る者はいませんね。


今回は3つのPS4の違いを述べた後、
結局どれを購入するのが一番良いのか。


これらについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



3つの機種の違いは?


まず、4KとHDRに対応したハイエンドモデル「Pro(プロ)」


11月10日に発売予定で、価格は4万4980円


ハイエンドモデルは、1テラバイトのハードディスクに加え、
800万ピクセル以上と現行機をはるかに上回るグラフィック性能を誇り、
10月に発売される専用のヘッドマウントディスプレー
「プレイステーションVR」より美しく見えるようになるとのこと。


つまり、現行PS4の性能を遥かに上回る機器であると
わかります。


続いて、現行機を改良し5000円値下げしたスリム型のモデル
通称「PS4 Slim」


2万9980円で提供されるのが決定されており、
9月15日に発売する見込みです。


もうすぐですね^^


ちなみに性能は現行機をほぼ変わらず、
単純に現行機をスリムにした形になります。

スポンサードリンク



どれを買うのが良いの?


で、結局どれを買うのが一番良いのかが気になるところですよね。


上で3つの性能を書きましたが、
僕だったらスリム版を購入します。


というか、現段階でPS4を持っていないのであるなら
現行機を買う理由はそこまでないと思われます。


現行機と性能も変わらず、価格も安く、スリムな小型版を
買うのが一番良いと思いますね。


ただ、ゲーム好きなら絶対に「PS4 Pro」を購入するべきです。


最先端の技術に触れることができますし、
現行機の性能を遥かに上回ります。


現行機だけでもグラフィックは本当に圧巻です。


それを上回るグラフィックというのが「PS4 Pro」です。


絶対に買って損はないです^^


最高の状態でゲームを楽しむことができますので
ゲーム好きの方は必見です!