こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


「YES!高須クリニック!!」


で、お馴染みの高須クリニック院長である高須克弥氏
なんと自腹でサッカーナイジェリア男子代表に寄付金を
渡す
という前代未聞の行為をすることがわかりました。


ナイジェリア代表はリオ五輪が開幕する前から
波乱続きでした。


日本との初戦は僅か数時間前に現地入りした状態で
戦ったり、給料未払いの問題などリオ五輪どころでは
ないです。


それでもチームは予選を突破し、3位決定戦まで
這い上がってきました。


怒濤の勢いで上がってきたにも関わらず、
まだ給料未払いの問題が終息していないです。


高須院長の行動の理由とナイジェリア国内の反応を
見てみましょう。

スポンサードリンク



高須院長がナイジェリアに寄付した理由は?


まずは高須院長が寄付をすると宣言した
ツイートを見てみましょう。





と、こんな感じでツイッターに堂々と宣言しています。


しかし、20万ドルの寄付金となると日本円にして
約2000万円ですよね。


これをポンと出せるあたりさすが天下の高須クリニックの
院長ですね。


高須院長がナイジェリア代表に寄付する理由は
Twitterをみる限りだと”気の毒”に思ったから
だと思われます。


実際、8月13日にこんなつぶやきをしています。

「本当に気の毒だ。僕がサポーターとして全部金銭的な
面倒をみるから頑張ってほしい」

と、ツイートしています。


確かにサッカー好きの僕からしてもあんなに頑張って国のために
サッカーをしている彼らに対し見返りがなさすぎるというのは
思っていました。


ナイジェリア代表はボイコット寸前まで来ていましたからね^^;


しかし、この高須院長の行動がナイジェリア代表を
奮い立たせます。


ちなみにこの行動は国内外問わず、様々な反応が
ありました。

スポンサードリンク



ナイジェリア国内の反応


※日本国内も少し抜粋します。

・さすが先生!!

・私は先生のやり方も先生自身も大好きです。

・(札束を載せたツイートで)ごひゃくえんください

・先生、かっこいい!

・名誉の為に有言実行できる富裕層の方って、本当に格好イイ。


と、日本国内でも非常に多くの意見があります。


さて、次はお待ちかねのナイジェリア国内の
反応を見てみましょう。

・自国の大統領がやってくれないことをやってくれた

・ファンタステッィクだ!!

・ありがとう、日本の億万長者
 あなたに神のご加護がありますように


・ありがとう、ドクタータカス

・俺たちの国の政治家は何をやっているんだ?

・こういうニュースをもっと聞きたい。

・ドクター高須に神の祝福を

・選手たちに手を差し伸べてくれてありがとうございます
 選手たちに直接渡してあげてください


・凄い!選手たちは嬉しいだろうね!

・俺は黒人として生まれたことを誇りの思うよ。
 ただ、自分の民族は大嫌いだがな!


・負けた日本側にこんな善良な人がいるなんて…
 日本が勝ち進んでくれたら良かったのに


・彼は最高のモチベーターだ!!

・うちの政府のお偉いさんをひっぱたきたい

・俺たちの億万長者たちはこの人から学ぶ必要があるな