こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


日本時間27日午前3時、ついにエウロパに関する
「驚くべき」発表内容が明らかになりました!


結論からいってしまうと、
エウロパに間欠泉があるとのことです。


これは一体どういうことなのか。


そして、何故間欠泉が「驚くべき」内容なのか。


みていきたいと思います。

スポンサードリンク



エウロパとは?


エウロパ 驚くべき内容は間欠泉?!記者会見のネタバレ画像【NASA】 出典:http://matome.naver.jp/odai/2141818373702951101

衛星名:エウロパ
別名:Jupiter II
平均公転半径:671,100 km
表面重力:1.314 m/s2
公転周期 85時間
自転周期:3日13時間13.7分
酸素:100%
発見日:1610年1月7日
発見者:シモン・マリウス、ガリレオ・ガリレイ



エウロパの詳しい概要については下記参照を願います。

参考:
⇒エウロパにどんな生命体が実在している?!真相を画像付きで紹介!

スポンサードリンク



驚くべき内容は間欠泉?!記者会見のネタバレ画像


さて、ついにNASAからエウロパに関する
新事実が発覚いたしました。


何でもハップル宇宙望遠鏡で観察した結果、
エウロパには間欠泉なるものが存在しているようなんです!


そもそもエウロパは表面が約3キロの厚い氷の層で
覆われた木星の第2衛星です。


ただ、その下には水すなわち海があり、
生命が存在しているのではないか

研究者の間では話題になっていました。


ただ、氷の下を調査機が入念に調べたわけではないので
本当に液状の水が存在するかは断定できていませんでした。


しかし、今回の間欠泉の発表により液状の水があることが
ほぼわかったのでエウロパには生命体がいる可能性が
いよいよ現実味を帯びてきたこと
になります。


ちなみに間欠泉のイメージ画像がこちらです↓

エウロパ 驚くべき内容は間欠泉?!記者会見のネタバレ画像【NASA】

エウロパ 驚くべき内容は間欠泉?!記者会見のネタバレ画像【NASA】 出典:出典:http://matome.naver.jp/odai/2141818373702951101



このイメージ画像通りに推察するなら、
もの凄い勢いと高さの間欠泉ですね^^


こうやって、勢いよく水が噴き出しているのが
木星面通過のときにわかったようです。


エウロパの表面に水が噴出しているということは
その水を採取し、研究することも可能になった
ということです。


これは一見、

「えっ!?水が噴き出しているのがそんなに凄いの?!」

と思われがちですが宇宙の謎を解明する
糸口になる可能性がある貴重な発見だと僕は思います。


例えば、採取した水の中に生命体がいるかもしれません。


その水の性質が地球に存在するものとは、
全く異なった未知の性質があるとも考えられます。


色々とワクワクしてきませんか?笑


僕は凄くワクワクしています!


夜中眠い目をこすりながら
起きてて良かったと思いました^^


果たして、エウロパには本当に生命体が存在するのか。


近い未来さらなる「驚くべき」内容
発表されるかもしれませんね。


<関連記事>
⇒【NASA】エウロパの発表内容がリーク!?会見のネタバレや画像について!
⇒エウロパにどんな生命体が実在している?!真相を画像付きで紹介!