こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


何かとんでもないニュースが流れてきました…


群馬県長野原町応桑の地蔵川の河原付近で
無職の男性(63歳)がクマに襲われたといいます。


男性は空手の有段者であり、負傷しながらも
見事にクマを素手で撃退したといいます。


…マジっすか^^;


これは本当に凄いを通り越してヤバいですね笑


概要を確認しつつ、クマの対策について見ていきたいと
思います!

スポンサードリンク



事件の概要


9月1日午後1時45分ごろ。


群馬県長野原町応桑の地蔵川の河原で、
渓流釣りをしていた町内の無職の男性(63歳)が
クマに襲われました。


男性はクマに手傷を負わされながらも
持ち前の空手の力を活かしてクマの目に攻撃を加え、
撃退したといいます。


その後、クマは上流に逃げ、
男性は自力で近くの病院まで行ったそうです。


男性の身長が170㎝に対し、クマは体長約190㎝
ツキノワグマとみられています。


この体格差で撃退するって相当の達人ですね。


ワイドショーに出演できるレベルだと思います。


クマを素手で撃退できるのか?


これについてなんですが、
不可能に近いと思って差し支えないです。


男性は空手の有段者だったようですが、
2度目は上手くいくかわかりません。


それほど、クマのスピード破壊力は凄いです。


クマのスピードは時速40キロ~60キロほどと
いわれています。




こちらを見てもわかる通り、
車と並走しています^^;


とてつもない脚力を持っているのがわかると
思います。


そして、クマの素手の攻撃も侮れません。


大木に巨大な引っ掻き傷を残すことができるので
当たれば大けがでは済まされません。


クマと戦おうとしても返り討ちに遭うので
絶対にやめましょう。

スポンサードリンク



クマに遭遇したときの対策は?


これだ!と言えるクマの対処法というのは存在しません。


クマが臆病者で大声を出せば逃げる○んだふりをすれば
逃げる
という都市伝説が流れていますが信用できません。


恐らく、逆に襲い掛かってくるので絶対にしない方がいいです。


やはり、確実なのはクマ対策ようのスプレーなどの
グッズを所持して山に入るのが一番の対策になると思われます。



最終手段として、木に登る行為も有効に働きます。


クマは襲い掛かってくるときに、
わざわざ木に登ってまで来ません。


木に登ってる時間があったら他の場所に移動するため
案外適切な行動といわれています。


しかし、これも絶対ではないので注意して下さい。