こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


タレントのベッキーさんが、29日の日本経済新聞朝刊に
掲載される出版社・宝島社の企業広告にモデルとして
起用されたことが明らかになりました。


ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫騒動は
記憶に新しくまだ余韻は残っています。


満を持しての広告起用にネット上では
驚きの声が上がっています。

スポンサードリンク



ベッキーを広告に起用した理由は?


ベッキーさんが起用される広告はカラーの見開き広告で、
上半身に何も身に着けていない“背中ヌード”を披露し、
「あたらしい服を、さがそう。」というメッセージを
体現しています。


メッセージと社名、そして斜め上を見上げるベッキーさんの
写真だけという非常にシンプルな広告となっています。


宝島社によると、

「企業理念として『人と社会を楽しく元気に』を掲げ、
広告でもそのメッセージを発信したい」


とコメントしています。


今回のベッキーさんの起用について詳細な説明をしていないため、
真意については受け取る側に解釈を委ねられている状況です。


詳細なことは語られていないため、
僕の予想を書いてみたいと思います。



まず、広告キャラクターにベッキーさんを起用したのは、
これは間違いではないと思います。


現在、最も注目を浴びる芸能人と言っても
差し支えない存在なのがベッキーさんです。


広告も非常にシンプルなので逆にインパクトを
与えます。


広告というのは目を引かせてナンボなものです。


実際にYahoo!ニュースにも取り上げられるぐらい
注目されています。

Yahoo!ニュース



そういう意味では最初の掴みはバッチリです。


ただ、その後の世間の反応がどうなるかは、
未知数ですね。



起用した理由はインパクトを与えられるから
という理由が最大だと僕は思っています。


まぁ宝島社はこれまでも数々のユニークな広告を
打ち立てているためそのコンセプトの延長線を
行っているだけという解釈も取れますね^^

スポンサードリンク



宝島社の過去の広告は?


さて、上でも述べたように宝島社はこれまで
多くのユニークな広告を出しています。


例えば、コチラ↓

ベッキー 法島社の新聞広告に!起用した理由や過去の広告について!

これは、GHQのマッカーサーを題材に、
「いい国作ろう、何度でも、」という
キャッチコピーを掲げています。


白黒で非常にシンプルです。


しかし、どこかメッセージ性があるのも
確かですね^^


続いてコチラ↓

ベッキー 法島社の新聞広告に!起用した理由や過去の広告について!

またまた、白黒の写真で今度は犬を題材にした
広告です。


はっきりいって、これは僕も最初見て、

「ん?どういう意味?」

って、一瞬考えました笑


というか今になっても真意はわかっていません。


しかし、インパクトだけで考えたらとてつもない
破壊力ですよね^^


こういったユニークな広告を打ち立てるのを得意とするのが
宝島社なのでベッキーさんを起用したのも不思議ではないですね。