こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


台風12号が勢力を増して北上しています。


今回の台風はかなり広範囲に猛烈に雨風を降らせる
ものに成長しています。



東北全域がスッポリと収まってしまうほどの
巨大な範囲に成長しています。


そんな台風12号(2016年)東北の雨風のピークを中心に
今回は書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



台風12号(2016年)東北の雨風のピークはいつ?宮城・青森・北海道まで全域要警戒!


9月1日の午前9時に沖縄の南で発生した台風12号は勢力を増しながら
本州上陸へと向かっています。


9月2日現在わかっている台風12号の強さは、
中心気圧は965hPa
中心付近の最大風速は35m/sで、
中心から半径150キロ以内では風速15m/s以上
強い風が吹いている状態です。


台風12号の瞬間最大風速は50m/sと10号を上回る
強さを誇っています。


つまり、一瞬の破壊力に関していえば甚大な被害をもたらした
10号よりも強いことを意味します。


さらに東北に辿り着く頃には強さが増している可能性が
捨てきれません。


かなり危険な台風が近づいているといっていいでしょう。


では、早速ですが気象庁による最新の台風の進路予報
見てみましょう。

台風12号 東北の雨風のピークはいつ?宮城・青森・北海道まで全域要警戒! 出典:http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1612.html


この予報から察するに東北に達するのは
6日の9時頃
だと思われます。


雨風のピークも大体この時間帯だと思って差し支えないですね。


それにしても、沖縄から北海道まで全てに被害を与え続けて北上する
台風は珍しいですね^^;


発生当初は関東まで来ないなんて言われていましたが
蓋を開けてみたら東北全域まで巻き込む始末です…


台風の動きを読むのは大変に難しいことであり、
恐ろしい自然災害だと改めて思いますね。

スポンサードリンク



台風12号(2016年)の東北への被害予想


続いて、東北への被害予想に移ります。


気象庁は暴風に対し厳重に警戒し、高波、低い土地の浸水、
土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒するよう勧告しています。


先日、上陸した台風10号では特に岩手県や北海道が豪雨の被害で、
自衛隊が派遣されるほどの影響を受けました。


今回の台風はまだ10号ほどの勢力ではありませんが、
徐々に勢力を強めていっております。


もちろん、岩手県や北海道以外の東北の地域も要警戒する
必要があります。


大規模な風水害が起こる可能性が極めて高いので、
外出はなるべく避けましょう。


台風10号で耐えた農作物も今回の台風12号で被害を
受けることが大いにありえます。


農家の方は特に注意して、
ほしいと思います。


<関連記事>
⇒台風12号(2016年)九州の雨風のピークはいつ?台風の強さは?
⇒台風12号(2016年)東京・関東の雨風のピークはいつ?進路と被害予想!