こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


漫画家の浦沢直樹氏に不倫報道が流されて、
世間は騒然としています。


『YAWARA!』『MASTERキートン』などの人気
作品の売れっ子漫画家の浦沢氏の不倫ともあって
その注目度は凄まじいものです。


今回は浦沢氏の不倫騒動に関連したことを
タイトルに沿って書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



浦沢直樹の経歴プロフィール


名前:浦沢直樹(うらさわなおき)
生年月日:1960年1月2日 
年齢:56歳
出身:東京都府中市
学歴:府中市立府中第四中学校
   東京都立富士森高等学校
   明星大学人文学部経済学科卒業


その才能から“現代の手塚治虫”とも
評される人気漫画家。


代表作に『YAWARA!』『MASTERキートン』
『MONSTER』
『20世紀少年』などを
創作しています。


特に『20世紀少年』に関していえば、
唐沢寿明さん主演で映画化もされ、
3部作合計で110億円という興行収入を記録しています。


<2 class="sample">浦沢直樹の不倫騒動について
浦沢氏の不倫騒動についてまずは
簡単にまとめます。


相手は、大手出版社の50代前半の元編集者。


8月22日に下北沢のイベントに出席した後タクシーで
目黒へ向った浦沢氏。


午後7時過ぎに、原宿のイタリアンレストランで
一緒に昼食を楽しんだ後、午後8時過ぎに
女性はひとりでラブホテルへ。


1分ほど後に浦沢さんも入っていき、
3時間後、今度は浦沢さんが先に出て、
1分後に不倫相手の女性が姿を現したそうです。


不倫相手の女性については、
大手出版社に入社しているという情報しか
報道されておりません。


ただ、ネットでは十中八九”小学館”の編集者であると
推察されています。


代表作の『YAWARA!』『MASTERキートン』『MONSTER』
そしてあの『20世紀少年』も、すべて
小学館から出版されてるのでほぼ断定されています。


僕も小学館の編集者という意見に大筋合意しています。


しかし、どこまで行っても予想の範疇なので、
別の出版社の可能性があることをご了承頂ければと思います。

スポンサードリンク



現在連載中の作品は?


浦沢氏が現在連載している作品はありません。


ただ、つい最近まで連載していた作品があります。


それが2008年から2016年まで『週刊モーニング』にて隔週で
連載していた「BILLY BAT」という漫画です。


これは日本の戦後を舞台にした漫画で、
日本史上最も謎が多いとされる「国鉄三大ミステリー事件」の1つ
下山事件に遭遇した主人公の運命が大きく歪み出すという
物語です。


約8年もの長きに渡って連載されていた漫画であり、
人気もありました。


1年程度で打ち切りになる漫画は五万とありますが、
さすがは人気作を生み出し続けてきた浦沢氏なだけあって
長期連載をしています。


不倫をしてしまったとしても、
その才能には文句のつけようがありませんね。


不倫騒動で漫画家引退の危機?!


浦沢さんは、不倫について否定しているそうですが、
しっかりと現場を取られてしまっています。


これを否定するのは難しいと思います^^;


人気作家が怪しまれるラブホテル内で打ち合わせなんか
するわけありませんからね笑


さすがに否定するのは無理がある気がします…


不倫騒動を起こしてしまった浦沢氏には、
当然”漫画家引退の問題”が纏わりつきます。


基本的に創作物は面白ければ読まれるし、
面白くなければ読まれません。



そこに著者の性格なんて本来は必要ありません。


ただ、今回はこうやって公にされてしまい、
かなり問題となっています。


すでに”人気漫画家”という評価から”不倫をした漫画家”
上書きされてしまったため常にマイナスイメージが付きます。


しかもただでさえ、現在は不倫騒動があちこちで起きているので
世間はかなり敏感になっています。


浦沢氏がこれから創り出す漫画などが読まれるかは
未知数なので作品が売れなければ引退を視野に入れる
必要がありますね。


まぁ例え引退するとしても直ぐにはしないと思いますが、
浦沢氏の漫画家引退が近い将来待ち構えているかも
しれません。


果たして、今後浦沢氏はどうやってこの騒動を
沈めていくのか。


動向に注目ですね。