こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


和歌山発砲事件が起きてから数日が経過して
いようとしています。


この事件は今世間でも大きな話題を呼んでおり、
犯人は未だに捕まっていません。


溝畑容疑者はとある場所で立てこもり、
警察と一色触発の状態にあります。


今回は溝畑容疑者の犯行動機拳銃の入手先について
調べてきたので書いていきたいと思います!

スポンサードリンク



拳銃の入手方法とは?


さて、この事件の恐ろしいところは犯人が拳銃を
所持したまま立てこもっていることにあります。



ニュースでも度々流れているのでご存知の方がいると思いますが
溝畑容疑者は2丁の拳銃を手に持っています。


かなり危険な状態だと思われますね。


そもそも、一般人が拳銃をどうやって入手できたのか
という点が一番の疑問になります。


ネット上では拳銃を所持していることから
堅気ではないのでは?という意見が多数上がっています。


ただ、事件が起きたのは抗争などではなく、
会社内のトラブルの可能性が高いと発表されています。


周辺住民も「この辺は至って静かな住宅街」と
コメントしています。


つまり、状況的には抗争というのはありえないということになりますね。


肝心の入手ルートなんですが詳細な入手先が
まだわかっていません。



日本はもちろん銃社会ではありませんので
一般人が銃を入手するのはまず不可能です。


闇ルートで入手する自作するしか手はありません。


溝畑容疑者が拳銃を自作できる腕前を持っていたと
仮定することもできます。


ただ、やはり今回は誰かから譲り受けたものである
仮定した方が可能性としては高そうです。


真相はまだわかりませんが、
僕の予想を述べさせて頂きました。

スポンサードリンク



犯行動機は?


溝畑容疑者がそもそもなぜ事件を起こしたのか、
その犯行動機についてなんですがこちらも詳細な
ことはわかっていません。


上でも少し書きましたがメディアの情報を信じるとすると
会社内のいざこざが原因だということになります。


ただ、そのいざこざというのも内容については
詳しいことはわかっていません。


大抵、もめ事を起こすときは上司との口論
強制解雇というのは相場は決まっています。


会社内のトラブルでしたらこの2択のどちらかで
ほぼほぼ間違いはないと思います。


これも犯人が捕まるまでは断定することはできませんので
早期解決が求められます。


犯人が立てこもっている地域は凄く閑静な住宅地なので
近隣住民からしたら恐怖でしかないと思われます。


心配で夜も眠れない日々が続くので、
警察の方の迅速な対応を望みます。