こんにちは。

悠太(ゆうた)です^^


アイドルグループ仮面女子の神谷えりなさんが
左目の手術をするということで話題になっています。


今回が2度目の手術だということですが、
神谷さんが抱えている病気が「開散麻痺」という
病名です。


この聞きなれない「開散麻痺」とは
一体どんな症状なのか。


その原因と予防策についてもみていきたいと思います。

スポンサードリンク



プロフィール


名前:神谷えりな
生年月日:1991年10月15日
年齢:24歳
出身:静岡県
血液型:A型



開散麻痺の症状と原因は?


開散まひの主な症状として、
内斜視(黒目が内側に寄る状態)が挙げられます。


神谷さんも左目がこの状態になったため、
2度目の手術に踏み切ったといいます。


より目を輻輳(ふくそう)と医学用語では言い、
その反対を開散と呼びます。


開散が上手にできなくなる状態を開散麻痺といいます。


ちなみに片目ずつの目の動きは障害されません。


近くを見たときの、複視の自覚はなく、
1~2 mより遠くを見たときに、複視を自覚します。


脳の付け根の部分である脳幹と呼ばれる部分の障害で
起こるといわれており、はっきりとした
原因が不明のこともありますが、
脳血管障害、脳腫瘍、外傷などで発症するといわれています。


原因が不明なことが一番怖いですね。


開散麻痺とは複視の延長線上にある病気です。


複視とは物が、二重に(二つに)見えることをいいます。


つまり、放っておくと日常生活に支障を来すため
一刻も早く手術する必要があります。

スポンサードリンク



開散麻痺の予防策とは?


開散麻痺は何が原因となって発症するのかわからないので
具体的な予防策というのが存在しません。


ただ、複視の延長線上なので複視に関する
予防をすることが一番効果的だと思います。


予防策として、同じものばかりを見ないように
生活をする
のが大切だといいます。


例えば、飛んでいる鳥を見たりするのも
絶えず目で追う必要があるため効果があります。


目だけを上下左右に動かしたりする訓練も
開散麻痺の予防となる可能性があります。


しかしこれらはあくまで複視に関する事なので
開散麻痺の予防策とは完全には言えません。


もし、眼球に異常を感じたらお近くの病院に
すぐに診断を受けに行った方がいいですね。


<関連記事>
⇒神谷えりなの経歴やプロフィール!出身高校大学や熱愛彼氏が気になる!